お問合せ・資料請求 English
三幸セミコンダクター株式会社
TOP 企業情報 製品情報 技術紹介 実績紹介 採用情報
技術紹介

システム開発

システム開発の主な流れ

システム開発の主な流れ 商品開発 システム設計 回路設計 開発環境の整備 基板設計 筐体設計 試作製造 動作確認 基本プログラム設計 アプリケーションプログラミング デバッグ 環境試験 生産工程の構築 生産・出荷 生産冶工具準備 サポート
商品企画
漠然としたイメージや到達したい性能など、さまざまなご要望を受け、具体的な仕様を組み立てていきます。そこには市場ニーズ分析や量産効率、価格対応力などさまざまなノウハウが必要となります。

システム設計
システム全体のパフォーマンスを引き出すために、部品の選定、制御方法の検討、アドレスマップやポートの割付等の詳細を決定します。

回路設計
デジタル回路、アナログ回路を基本とし、対ノイズ性能や量産効率なども織り込みながら設計を進めます。ASIC設計、FPGA設計にも実績があります。

開発環境の整備
必要に応じ、コンテンツ作成に最適なお客様専用の開発環境を整えます。

基板設計
基板のアートワーク設計自体は外注するものの、これまでに培った回路システム設計のノウハウを全てここに結集します。

筐体設計
プラスチック、板金などを駆使した商品の形状や構造を設計します。

試作製造
プリント基板を製造し、電子部品を実装します。

動作確認
期待した動作をしているか、仕様に満足しているか、試作により確認します。

基本プログラム設計
システムの基本的な動作(OSに相当)を構築し、後のメインプログラミングのベースを整備します。その他、開発に必要なツール類も作成します。

アプリケーションプログラミング
システムの商品としての動作をプログラミングします。画像処理系のシステムの場合は、コンテンツの企画検討から表示する画像のデザイン作成も行います。

デバッグ
プログラミングのデバッグをメインに、システム全体としての不具合を抽出し、完成度の高い商品をめざします。

環境試験
市場に出たときの故障や誤動作などの不具合を避けるために、十分な環境試験を実施し、問題があれば設計にフィードバックします。

生産工程の構築
部品実装工場や組み立て工場における生産ラインの構築を行います。的確な部品実装条件を指示し、組み立て方法、検査内容や検査方法を各工場と協議を積み重ね、商品の品質を高めてまいります。

生産冶工具準備
生産時の検査方法が確定後、これに必要な設備を整えます。特に制御基板の出荷検査用として電気検査冶具も設計します。

生産・出荷
構築した生産ラインにより、商品の製造、組み立て、検査の工程を経てお客様のお手元に商品をお届けします。

サポート
万一の市場からのクレームにも即座に対応し、原因の究明、市場流出の防止に努めます。

TOP
戻る
  • 技術紹介TOP
  • システム開発
  • ハードウェア開発設計
  • ソフトウェア開発設計
  • Copyright (c) SANKO SEMICONDUCTOR CO., LTD.
    サイトマップ 利用規約 個人情報保護方針